*

ラグビーワールドカップ2015でハイブリッド芝を採用していた9会場を紹介します。

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 ラグビー, 海外フィールド, ハイブリッド芝

ラグビーワールドカップ2015のスタジアムで採用されるハイブリッド芝の導入実績

ラグビーワールドカップ2015も残すところ決勝戦と3位決定戦を残すだけとなりました。

決勝戦は「ニュージーランド vs. オーストラリア」で、3位決定戦は「南アフリカ vs. アルゼンチン」というカードです。

日本が残っていないのがちょっと残念ですね。

さて、そのラグビーワールドカップ2015イングランド大会では13会場で激しい戦いが繰り広げられているんですが、そのうち9会場(試合数では全48試合中37試合)で採用されていたのがハイブリッド芝です。

ハイブリッド芝の説明はこちら

ハイブリッド芝のご提案

今回は、その9会場を一挙に紹介します。

トゥイッケナム・スタジアム

トゥイッケナム・スタジアム

スタジアム情報

トゥイッケナムは世界で最もラグビー界に貢献しているスタジアム。ラグビー史に残る瞬間を収めた試合を主催している。今年2回目となるワールドカップの決勝を主催。その他、開幕戦を含め9試合を行う。

トゥイッケナムは最高品質のピッチで世界的に知られている。2012年、ハイブリッド芝の導入に伴い、トゥイッケナムは更にその品質を高めた。ハイブリッド芝導入はラグビー・ワールド・カップ 2015に向けて準備するため、完全なスタジアム改修の1つとして行われた。

トゥイッケナムのグラウンド責任者は IOG グラウンドマン・オブ・ザ・イヤー を受賞。「旧フィールドは 1時間に 20~25 mm の排水しかできなかったが、新たに導入したハイブリッド芝は1時間で 250 mm 排水することができる」と語る。

■設立:1909年

■ハイブリッド芝導入:2012年

■収容人数:81,605名

■ホーム・スタジアム:ラグビー・イングランド代表 (ラグビー・フットボール・ユニオン)

■ラグビー・ワールド・カップ 2015: 合計 10試合

イギリス vs フィージー (9/18) – フランス vs イタリア (9/19) – イギリス vs ウェールズ (9/26) – イギリス vs オーストラリア (10/3) – フィージー vs ウルグアイ (10/10) – 準々決勝 1 (10/17) – 準々決勝 4 (10/18) – 準決勝 1 (10/24) – 準決勝 2 (10/25) – ラグビー・ワールド・カップ 決勝 (10/31)

■グラウンド責任者:キース・ケント

ミレニアム・スタジアム

ミレニアム・スタジアム

スタジアム情報

ミレニアム・スタジアムは比較的に新しいスタジアムだが、既にラグビー史にその名を刻んでいる。それはウェールズ・ラグビー・ユニオンが全ての試合をミレニアムで開催していることである。

当初、スタジアムはラグビー・ワールド・カップ 1999を主催するために設立されたが、 その他の多くの大規模イベント、 多様なミュージック・コンサート、 ウェールズ・ラリー、スピードウェイ・グランプリ、モンスター・ジャム、ボクシング等を主催している。

初めてのビッグイベントは1999年6月26日に開催された国際ラグビー・ユニオンの試合で、ウェールズが南アフリカに勝利。近年では、スタジアムはUEFA チャンピオンズ・リーグ 2017 決勝会場に選ばれた。

ミレニアムは完全な開閉式ルーフを装備したスポーツ会場として、世界で2番目の規模であり、シックス・ネーションズ・チャンピオンシップ(国際ラグビーユニオン)では、トゥィックナム、スタッド・ドゥ・フランスに次ぐ3番目の規模。設立からまだ浅いにも関わらず、豊富なラグビーの遺産を残している。

■設立:1999年

■ハイブリッド芝導入:2014年

■収容人数:74,154名

■ホーム・スタジアム:サッカー・ウェールズ代表、ラグビー・ウェールズ代表

■ラグビー・ワールド・カップ 2015: 合計 8試合

アイルランド vs カナダ (9/19) – ウェールズ vs ウルグアイ (9/20) – オーストラリア vs フィージー (9/23) – ウェールズ vs フィージー (10/1) – ニュージーランド vs ジョージア (10/2) – フランス vs アイルランド (10/11) – 準決勝 2 (10/17) – 準決勝 3 (10/18)

■グラウンド責任者:リー・エヴァンス

■その他、主催試合:シックス・ネイションズ, オータム・インターナショナル, ハイネケン・カップ, ラグビー・リーグ・フットボール, チャレンジ・カップ, ミレニアム・マジック, ラグビー・リーグ・ワールド・カップ 2013 …

オリンピック・スタジアム

オリンピック・スタジアム

スタジアム情報

象徴的なセンターピース
再開発プログラムにより2016年にオープン予定

■設立:2011年

■ハイブリッド芝導入:2015年

■収容人数:54,000名

■ホーム・スタジアム:2015年より新たにウェストハム・ユナイテッドFC および UK アスレチックスのホーム

■ラグビー・ワールド・カップ 2015:合計 5試合

■グラウンド責任者:ヒューイッツ

サンディー・パーク

サンディー・パーク

スタジアム情報

エクセター・チーフスは一流クラブとして知られている。今後2年間で収容人数を20,600席まで増やす予定。これはイングランドのラグビー・クラブの中で最大規模となる。

サンディー・パークはラグビー・ワールド・カップ 2015で使用される2箇所のラグビー専用スタジアムのうちの1つ。過去数年でスタジアムは素晴らしい変貌を遂げている。

■設立:2006年

■ハイブリッド芝導入:2014年

■収容人数:12,300名

■ホーム・スタジアム:エクセター・チーフス・ラグビー・クラブ

■ラグビー・ワールド・カップ 2015: 合計 3 試合

トンガ vs ナミビア (9/29) – ナミビア vs ジョージア (10/7) – イタリア vs ルーマニア (10/11)

■グラウンド責任者:エイドリアン・ウィットン

エティハド・スタジアム

シティ・オブ・マンチェスター・スタジアム

スタジアム情報

スタジアムは当初からラグビーに重点を置いている。国際ラグビー・リーグおよびスーパー・リーグ、2012年にはマジック・ウィークエンド・イベントを主催。また、エティハドはスタジアム史上初の国際ラグビー・ユニオンの試合を主催する。イングランドおよびウルグアイは10月10日に対戦予定。

■設立:2002年

■ハイブリッド芝導入:2010年

■収容人数:47,800名

■ホーム・スタジアム:マンチェスター・シティFC

■ラグビー・ワールド・カップ 2015: 合計 1試合

イングランド vs ウルグアイ (10/10)

■グラウンド責任者:リー・ジャクソン

■その他、主催試合:プレミア・リーグ, チャンピオンズ・リーグ, ヨーロッパ・リーグ, FA カップ, UEFA カップ, カンファレンス・プレーオフ, ボクシング, 国内 & 国外ラグビー・リーグ

キング・パワー・スタジアム

レスター・シティ・スタジアム

スタジアム情報

スタジアムは以前から多数のラグビー試合を主催。レスター・タイガースはハイネケン・カップ 2005の準決勝を含め、6試合をキング・パワー・スタジアムでプレーしている。また、スタジアムはその高品質な設備で知られている。

■設立:2002年

■ハイブリッド芝導入:2011年

■収容人数:32,312名

■ホーム・スタジアム:レスター・シティFC

■ラグビー・ワールド・カップ 2015: 合計 3試合

アルゼンチン vs トンガ (10/4) – カナダ vs ルーマニア (10/6) – アルゼンチン vs ナミビア (10/11)

■グラウンド責任者:ジョン・レドウィッジ

■その他、主催試合:スプリングボクス海外ツアー, ワールド XV vs 南アフリカ 試合

スタジアム MK

スタジアム MK, ミルトン・キーンズ

スタジアム情報

スタジアムは少数のラグビー・ユニオン試合を主催。その中の一つはハイネケン・カップ(ノックアウト方式)。スタジアムは新たに列を増やし、10,000席を増設。

■設立:2007年

■ハイブリッド芝導入:2006年

■収容人数:30,717名

■ホーム・スタジアム:ミルトン・キーンズ・ドンズFC

■ラグビー・ワールド・カップ 2015: 合計 3試合

フランス vs カナダ (10/1) – サモア vs 日本 (10/3) – フィージー vs ウルグアイ (10/6)

■グラウンド責任者:ジョー・アイレット

ヴィラ・パーク

ヴィラ・パーク, バーミンガム

スタジアム情報

ヴィラ・パークは旧ヴィクトリアン・アミューズメント・パークである。現在、スタジアムは陸上競技、競輪、ボクシングおよびラグビー・リーグを主催する。

■設立:1897年

■ハイブリッド芝導入:2006年

■収容人数:42,785名

■ホーム・スタジアム:アストン・ヴィラFC

■ラグビー・ワールド・カップ 2015: 合計 2試合

南アフリカ vs サモア (9/26) – オーストラリア vs ウルグアイ (9/27)

■グラウンド責任者:ポール・マイトン

ウェンブリー・スタジアム

ウェンブリー・スタジアム

スタジアム情報

ウェンブリー・スタジアムはサッカー・ヨーロッパ・カップの決勝 5試合、ワールド・カップ 1966 決勝、ランドマークとなるライブエイド・コンサート 1985およびオリンピック 1948 の開会・閉会式を主催。2013年にシンボルのツインタワーは解体され、
4年後にノーマン・フォスター氏によって同様に象徴的なアーチがデサイン・再興され完成する。生まれ変わったウェンブリー・スタジアムは、大規模コンサート、UEFA チャンピオンズ・ リーグ決勝、サッカー・オリンピック、 NFL 試合、ラグビー・リーグおよびラグビー・ユニオン両方の試合やモーター・スポーツを主催。また、スタジアムそのものがラグビー史を物語っている。
ウェンブリーはトゥイッケナム改修中の1992年に初めてラグビーの国際試合を開催し、イングランドが遠征するカナダを倒し、26-13で勝利を収めた。また、1990年代後半にミレニアム・スタジアムが完成するまで、ウェールズは国際試合7試合を含めウェンブリーで最も多くの試合をプレーしている。

■設立:2003年

■ハイブリッド芝導入:2010年

■収容人数:90,000名

■ホーム・スタジアム:サッカー・イングランド代表

■ラグビー・ワールド・カップ 2015: 合計 2試合

ニュージーランド vs アルゼンチン (9/20) – アイルランド vs ルーマニア (9/27)

■グラウンド責任者:トニー・ストーンズ

以上の9会場です。次はいよいよ「2019日本」ですね。

イングランド大会に劣らず、素晴らしいピッチで試合が展開される事を期待したいですね。

The following two tabs change content below.
KOFU-FIELD STAFF

KOFU-FIELD STAFF

フィールドづくりのアドバイザー/設計・施工・維持管理の専門家集団、コンサルタント集団という自覚と責任をもって、お客様視点での価値ある提案を念頭に日々活動しているKOFU-FIELD STAFF。「独自の技術で独自の価値を」というスローガンのもとで「専門スキル×連携力=チーム総合力の発揮」を行動指針として事業展開に取り組む。KOFU:Kingdom of Fantastic Unit!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
北の大地・北海道でのコウフ・フィールド流芝生管理「第9弾」をお届けします!

北の大地・北海道でのコウフ・フィールド流芝生管理をお届けするサッカー芝

ジョーキーボール大会「2nd. Jorkyball SOLum CUP」公式記録の発表!

遂にジョーキーボール・ジュニアの部も再開!ジョーキーボール・ジュニアの

「2nd. Jorkyball SOLum Cup」開催のお知らせ!

2nd. Jorkyball SOLum Cupエントリー受付中!

ジョーキーボール大会「1st. Jorkyball SOLum CUP」公式記録の発表!

遂に再開!再始動!ジョーキーボールのリ・スタートとなる大会は関東地区に

「1st. Jorkyball SOLum Cup」がSOLUM株式会社様主催で開催されます!

1st. Jorkyball SOLum Cupエントリー受付中!