*

一般用サッカーゴール「KOFU-S2・3Gユーロポータゴール」

公開日: : 最終更新日:2016/05/13 KOFUの技術・作品, サッカー芝ブログ

ハロッド社・一般用サッカーゴール「KOFU-S2・3Gユーロポータゴール(移動式)」について

世界のスタジアムで採用される「ハロッド社サッカーゴール」。
コウフ・フィールド株式会社は日本国内正規代理店として、その普及活動に努めています。

今回は一般用サッカーゴール「KOFU-S2・3Gユーロポータゴール」についての情報をお届けします。

FBL-683-1

製品説明

究極の練習場用ポータブル・ゴールとして設計されており、クラブにおいてハロッド社の3Gスタジアムゴールと同様の体験を可能にし、またオプションのリフト式車輪を使用することで簡単に移動することができます。

FBL-683-2

リフト付き車輪(オプション)FBL-559-1

製品特徴

一体型サブポールでの自立式ネットによりスタジアム・ゴールポストと同様の設置が可能です。

オプションのリフト式車輪を使用する場合、ゴールを表面から100mm まで持ち上げることによりポータゴールは天然芝および人工芝の双方の表面上で非常に移動しやすくなります。

継ぎ手をしっかり溶接することにより、優れた強度と更なる安全性を提供します。

製品仕様 [KOFU-S2・3Gユーロポータゴール:Harrod UK FBL-683]

一般用サッカーサイズ:7.32m×2.44m
ポスト・クロスバー 102mm x 112mm 強化アルミ製
サブポール Φ80mm 強化アルミ製
角継ぎ手内部 電気亜鉛めっき
白(ポスト・クロスバー)、黒(サブポール)のポリエステル粉体塗装

kofu-S2(WEB)

リフト付き車輪

車輪はゴールを表面から100mm まで持ち上げ、天然芝および人工芝の表面上で卓越した、優れた可動性を可能にします。

カム操作構造および人間工学に基づくリフト・ハンドルにより、滑らかで効果的かつ容易に使用可能な一貫性のある動きを確保することができます。

また、発泡ゴムをタイヤに使用することによりパンクを防止し、タイヤの幅を広くすることで、より重量を分散できます。

FBL-559-2

■関連サイト
ハロッド社・サッカーゴール(コウフ・フィールド株式会社ホームページ)

The following two tabs change content below.
KOFU-FIELD STAFF

KOFU-FIELD STAFF

フィールドづくりのアドバイザー/コンサルタント集団という自覚と責任をもって、お客様視点での価値ある提案を念頭に日々活動をしているコウフ・フィールド株式会社のスタッフです。我々はスポーツフィールドからバリアフリーの建築まで担うスペシャリスト集団です。 ■問合せ 092-481-8639(福岡本社)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ジョーキーボール【第8回】KOFUカップ「2018年2月11日開催」のお知らせ

ジョーキーボール「第7回・KOFUカップ」の余韻も冷めやらぬ今日この頃

ジョーキーボール「第7回・KOFUカップ」公式記録の発表!

2017年12月10日に開催された「7th・KOFU-CUP」の結果を

ジョーキーボール「レディースエンジョイカップ」公式記録の発表!

日本代表チームでジョーキーボール広報大使でもある「サンクタス」プレゼン

ジョーキーボール【第7回】KOFUカップ「12月10日開催」のお知らせ

今年もあっという間に11月。ということで、来月は12月(当たり前だけど

ジョーキーボール「第6回・KOFUカップ」公式記録の発表!

2017年10月29日に開催された「6th・KOFU-CUP」の結果を