*

北の大地・北海道でのコウフ・フィールド流芝生管理「第2弾」として、多機能マシン「G860」をお届けします!

皆さん、こんにちは!

前回に引き続き「サッカー芝ブログ」を更新させて頂きます。今回も北の大地、北海道からのレポートです!

北の大地・北海道ではコウフ・フィールド流芝生管理を支える「G860」が活躍しています!

2020年9月某日。札幌は今年の異常な夏の暑さは落ち着いたものの、9月としてはまだまだ高めの気温が続いています。

夏は降雨量が少なく散水に追われていましたが、ここにきて雨の日が続き思うように作業もできない状況です。

それでも、今日も芝生はきれいです。写真の画質は悪くて分かりずらいと思いますけど・・苦笑。

でも、パッと見ただけでは分からないところでは、つまり細かな視点で捉えれるといろいろな問題も発生しつつあります。

その問題とはズバリ・・

芝生の葉が密集してきれいに見えるということは、同時に根の密集度が上がり、それにより水の透過性が悪くなり、栄養分の吸収も悪くなる!

そして、対策としては・・

そのために時「バーチカル」という作業を行い、伸びて蜜になった根を切り、新しい根の再生を促して、芝生の生育の活性化を促すこと!

となります。そこでコウフ・フィールド流のやり方はこれですね。

G860です。

実はこの機械は刈込みの機械なんですが、刃の部分のカセットが簡単に交換できて、その種類としては「刈込み・バーチカル・スパイキング・サッチング・ブラシ」の5種類があるんです。

はい、1台で5役という優れものですね。

また、刃の間隔が2.5㎝ときめ細かく、切り上げた根のカスがバケットで回収できるのが利点です。

このようにカットと回収が同時にできるので、効率よく作業ができます。

これで、密集した根もすっきりとなり、更に美しい芝生になるのが楽しみですね。

ということで今回のブログはここまで。では次回の更新を期待してくださいね。

G860を含むマシンの紹介はこちらで詳しく書いてますので、興味のある方はご覧ください。
↓↓
DENNIS芝刈り機「カセット式モアGシリーズ」の紹介

The following two tabs change content below.
KOFU-FIELD STAFF

KOFU-FIELD STAFF

フィールドづくりのアドバイザー/設計・施工・維持管理の専門家集団、コンサルタント集団という自覚と責任をもって、お客様視点での価値ある提案を念頭に日々活動しているKOFU-FIELD STAFF。「独自の技術で独自の価値を」というスローガンのもとで「専門スキル×連携力=チーム総合力の発揮」を行動指針として事業展開に取り組む。KOFU:Kingdom of Fantastic Unit!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
【競技別エリア規格】ゲートボール

スポーツの種目・競技別のフィールドエリア規格です。 スポーツフィールド

【競技別エリア規格】弓道場

スポーツの種目・競技別のフィールドエリア規格です。 スポーツフィールド

【競技別エリア規格】相撲場(土俵)

スポーツの種目・競技別のフィールドエリア規格です。 スポーツフィールド

北の大地・北海道でのコウフ・フィールド流芝生管理「第3弾」をお届けします!今年最後の更新です!

皆さん、こんにちは! 前回に引き続き「サッカー芝ブログ」を更新させて

ジョーキーボール世界大会2021福岡大会(期間:2021年6月22日-26日)中止のお知らせ

ジョーキーボール世界大会中止のお知らせ 日頃からジョーキーボール普及