*

そもそも商品の値段は誰が決めるのですか?社長ですか?

飛び石によるフロントガラス破損で昨日は自動車整備工場へ。今朝の8時50分受け取りの予定です。やれやれ。

マグロちゃん in 田中モータース田中モータース

おはようございます。 情熱と挑戦、マグロちゃんこと加治木英隆のブログへようこそ!
ブログにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。ご縁に感謝です。

高速道路を走行中に飛び石でフロントガラス破損・・って、これで2回目なんですけど。

それよりも保険対応、つまり自動車損害保険を使ったという事で保険等級が下がるのが解せないですけど。

だって、自助努力やどんなに安全運転に心がけても防ぎようのないことですからね。

まぁ・・それが保険のルールとあれば致し方ないところですけど。

さて、それはさて置き(置くんだねー!)、今回のブログではマーケティングについてアツいメッセージをお届けします。

そもそも商品の値段は誰が決めるのですか?社長ですか?

先日、とある商品の値段を決めるミーティングを行いました。

さて、いかにして値段を設定すべきなのか?

では、そもそも値段は誰が決めるのか、という視点。

社長ですか!?

いえいえ、そうじゃないですよね。

では、原価を積み上げると◯◯円になるから、○○円の利益を乗せて、◯◯円で値段設定して売り出します、なんて単純な話じゃないことはお分かりですよね。

だって、素晴らしい機能を誇る商品が、しかも有名ブランドから既に出回っているとしたらどうでしょうか?

そう・・

既に市場で値段が決められているんです。

原価積み上げ主義なんて、所詮は売り手の論理でしかありません。

しかも、大して変わらない機能で同じような値段であれば、特別な事情でもない限り、そもそも市場で受け入れられることはありません。

でしょ。

従って「VE」、つまり同じような機能で廉価な商品、或いは同じような値段でも大幅に機能アップされた商品でなければ無理なんです。

だから・・

値段を決めるのは市場であり、お客様なんです。

まだ世の中に出回っていない商品であれば、もちろん我々が値段を提案するんですが、それでも最終的にはお客様が決めるんです。

だって・・

お金を払うのはお客様なんですから。

そこで決められる値段とは、その商品に対する「価値」なんです。

つまり、お客様一人ひとりによって異なる価値なんです。

だからこそ、そこで大切な視点は2つです。

お客様を選ぶこと。
価値を伝えること。

これはマーケティングの本質ですよね。

一皿2,000円の極上カレーに価値を感じる人もいれば、一皿500円のランチカレーに価値を感じる人がいるんです。

もちろん、シチュエーションによっても感じる価値は違いますけどね。

従って、一皿2,000円の極上カレーを提供するのであれば・・

一皿2,000円の極上カレーに価値を感じる人を選ぶこと。

そして、一皿2,000円の極上カレーの存在を伝えること。

そういうことが大事なんです。

わが社の戦略商品についても、そういった事を明確にしなければ市場で受け入れられる事なんてないですからね。

これはコウフ・フィールド株式会社、全てのスタッフに求めたい視点です。

うん、朝からアツいメッセージだね。

ではでは。

PS
マグロちゃんの人生論、ビジネス論を自由気ままに発信しています。
このブログを通じて何か一つでも新しい気付きやヒントがあれば・・そうそう、ご縁を頂いてる皆様のお役に立てれば嬉しいですね。

■マグロちゃんの会社WEBにもお立ち寄りくださいネ。
コウフ・フィールド公式ホームページ

そうそう、ブログランキング参加中ですから、ぜひ応援クリックもお願いしますね。

今何位だと思います?
以下の画像をポチッと押すだけで分かりますよ(笑)
↓↓↓

ブログランキング

あっ、ここスルーしようとしたでしょ!
ダメですよ、ちゃんと押して下さいね(笑)

★マグロちゃんのインスタグラム(フォローしてね)
 → http://instagram.com/kajiki_hidetaka/

このブログではコメントの受け付けはしていませんが、フェイスブック・ツイッターへの同時投稿もしておりますので、そちらでご意見だとか激励のメッセージを頂ければ嬉しいです。

★マグロちゃんのツイッター(フォローしてね)
 → https://twitter.com/kajikihidetaka

★マグロちゃんのフェイスブック
 → https://www.facebook.com/hidetaka.kajiki

でも、クレームだとか苦情は・・・・ご勘弁くださいネ、だって凹むから(笑)

Let’s enjoy life.
by Hidetaka Kajiki

(ニックネーム:マグロちゃん)

The following two tabs change content below.
マグロちゃん

マグロちゃん

加治木英隆。1964年4月、鹿児島県生まれ。鹿児島工業高校を卒業後、デンソーでのトヨタ生産方式、タナベ経営での経営コンサルタントを経験。1999年に株式譲渡でコウフ・フィールド株式会社のオーナー経営者となる。読書、映画鑑賞などが趣味。信条は「情熱と挑戦」、「ご縁に感謝」など。「つながり」を大切な価値観として、「良き関係性づくり」をテーマに取り組む毎日。日本ジョーキーボール協会の代表理事も務める。ニックネームはマグロちゃん。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • pinterest
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アクセスランキング
現代社会において電気・水道のない生活とは!?

今朝はこんな一枚から。 これは面白い一枚! おはようございます。

「ここで消費税クイズ!消費税が据え置かれるのは、次のどのケースでしょうか?」って、どんな税制度なの!?

今朝はこんな一枚から。 一番乗りのシアターにて! おはようございま

好きなことに情熱を注いでやっていると時間なんてあっという間に経つ、ってこと。

今朝はこんな一枚から。 55歳同級生コンビ! おはようございます。

「インスタ映え」って、もはや死語。今は「タグ映え」だってご存じですか!?

今朝はこんな一枚から。 エクスマトークライブ おはようございます。

コウフ・フィールドにおける私の最優先事項とは!?

今朝はこんな一枚から。 体力不足が課題!? おはようございます。