*

エティハド・スタジアム(イングランド:マンチェスター・シティFCホームスタジアム)

公開日: : 最終更新日:2016/03/05 海外フィールド

エティハド・スタジアム(イングランド:マンチェスター・シティFCホームスタジアム)

マグロちゃん:
今回は「クメちゃん&享太郎の2015欧州視察」から、エティハド・スタジアム(イングランド:マンチェスター・シティFCホームスタジアム)を取り上げて紹介するからね。
では、クメちゃん&享太郎宜しくね。

享太郎:
はい(^_^;)
エティハド・スタジアムはイングランド・大マンチェスタ州マンチェスターにあるサッカースタジアムです。現在はマンチェスター・シティFCのホームスタジアムとなっています。

クメちゃん:
ピッチは寒地型芝で、デッソ・グラスマスターとなっています。
また、SGLのグローライトも導入されています。今回は、このグローライトの視察がメインでもありました。

ピッチ上では、SGLのライトが稼動していました。
シートとライトを併用することで生育効果を高めている所が大変参考になりました。また、雨の日でも使用できるようにとの観点から、屋根が付いた小型タイプのライティングも確認できました。

 

エティハド・スタジアム 1

エティハド・スタジアム 2

選手控え室も見学できましたけど、ここでもホームとアウェーでの違いが歴然とありました。
どちらがホームか一目瞭然ですよね。

エティハド・スタジアム 3

室内のウォームアップルームは人工芝が敷かれており、機能的な作りになっている。

エティハド・スタジアム 4

最後にスタンドの視察も行いました。
VIPシートはヒート機構付きで、記者席の座席もクッション性がよく、見た目も華やかであったように思います。一般席は他のスタジアムと同程度だが、列番プレートが階段のコンクリに埋め込まれており、変わった形で印象的でありました。

マグロちゃん:
まぁ、至ってシンプルな説明だね。
あとはググってね(笑)

エティハド・スタジアム 0

The following two tabs change content below.
マグロちゃんこと加治木英隆

マグロちゃんこと加治木英隆

代表取締役社長コウフ・フィールド株式会社
1964年4月、鹿児島県生まれ。鹿児島工業高校を卒業後、デンソーでのトヨタ生産方式、タナベ経営での経営コンサルタントを経験。1999年にコウフ・フィールド株式会社のオーナー経営者となる。読書、映画鑑賞などが趣味。信条は「情熱と挑戦」、「ご縁に感謝」など。「繋がり」を大切な価値観として「良き関係性づくり」をモットーに取り組む毎日。ニックネームはマグロちゃん。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
臨時休業解除及び新しい営業時間等のお知らせ

セルフ・フィットネス「たまりば」は5月22日(金)より営業を再開します

臨時休業期間延長のお知らせ

日頃より当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 セルフ

臨時休業のお知らせ

日頃より当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 セルフ

ジョーキーボール世界大会2020福岡開催(期間:2020年6月23日-27日)延期のお知らせ

ジョーキーボール世界大会延期のお知らせ 現在発生している新型コロナウ

大会アンバサダーメッセージ【衆議院議員 宮内秀樹 様】

気軽に楽しめるジョーキーボールの普及を応援します 衆議院議員 宮内