*

弱者に優しい社会づくり、あなたは何かやっていますか?

公開日: : 最終更新日:2018/11/18 マグロちゃん語録, 人生論

今朝はこんな一枚から。

博多駅のホームにて!

おはようございます。 情熱と挑戦、マグロちゃんこと加治木英隆のブログへようこそ!
ブログにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。ご縁に感謝です。

先日のこと、博多駅のホームで見かけたワンシーンです。なんか・・ほっこりしませんか!?

では今回のお話しです。

弱者に優しい社会づくり、あなたは何かやっていますか?

一人ひとりの優しさで弱者に手を差し伸べよう!

とある休日のこと、博多駅の自動券売機でチケットを買っていたところ、お隣の自動発券機に年配の女性が来られ、不安そうな顔で立ちすくんでおられたんですね。「あっ、買い方がわからないのかな?」と思った矢先に、その女性の後ろに並ばれていた30代ぐらいの女性に「買い方が分からないんですが・・」と尋ねられたんですね。

やっぱりそうだったのか、って思いましたね。そして「この自動発券機って年配者にはちょっと難しいんだよね・・」と思っていたら、まさかの出来事が・・。

なんと尋ねられていた30代ぐらいの女性が手を横に振りながら「分かりません」って小声で言い放ったんですよ。

えっ!?

って感じですよね。

だったら、お前なんでソコ並んでんだよーー!

って、心の中で叫びましたけどね。

まぁ、私がその年配の女性の行先やチケット種別の希望も聞きながら操作をしてあげたんですけどね。

そうそう、こういったことは不思議と続くもので、先日福岡市内をバスで移動中に杖を突いたお年寄りの方が乗車されたんですね。

腰痛再発中の私は反対側の席に座っていたんですが、向こう側には中学生と小学生ぐらいの子連れ親子が座っており、特に母親は優先席に座っていたんですね。流石に譲るだろうな、と思っていたら・・

いやいや、あなたは杖を突いたお年寄りの存在に気付いていますよね?

って一人ツッコミですよ。

まぁ、反対側だったものの私が声をかけて席を譲ってあげましたけどね。やれやれ、でしょ。

以前、私は視察で欧州に行ったとき、ちょうど靱帯を損傷していたので杖を持っていたんですね。そうすると、移動中の公共交通機関では多くの人が私に声をかけて席を譲ろうとしてくれるんですね。もうね、言葉通じなくてもボディランゲージのオンパレードで(笑)

それに比べると・・

正直、高齢者だから一概に席を譲るのはどうかと思いますよ。それに具合悪そうな若者がいれば席を譲るべきでしょ。

でも、弱者に優しい社会というのは、結局のところ利他主義、そして配慮や気付きだと思うんですよね。これは理屈じゃないですよ。もちろん、弱者の存在に気付いて配慮の出来る人がやればいいんでしょうけどね。

ということで、誰か一人でもいいから「弱者への気付き」、そして「配慮」の大切さを伝えることが出来たら嬉しいですね。

今日のブログからの教訓

一人ひとりの優しさで弱者に手を差し伸べよう!
(マグロちゃん語録)

今朝はそんなメッセージをお届けしました。

ではでは。

PS
マグロちゃんの人生論、ビジネス論を自由気ままに発信しています。
このブログを通じて何か一つでも新しい気付きやヒントがあれば・・そうそう、ご縁を頂いてる皆様のお役に立てれば嬉しいですね。

■マグロちゃんの会社WEBにもお立ち寄りくださいネ。
コウフ・フィールド公式ホームページ

そうそう、ブログランキング参加中ですから、ぜひ応援クリックもお願いしますね。

今何位だと思います?
以下の画像をポチッと押すだけで分かりますよ(笑)
↓↓↓

ブログランキング

あっ、ここスルーしようとしたでしょ!
ダメですよ、ちゃんと押して下さいね(笑)

★マグロちゃんのインスタグラム(フォローしてね)
 → http://instagram.com/kajiki_hidetaka/

このブログではコメントの受け付けはしていませんが、フェイスブック・ツイッターへの同時投稿もしておりますので、そちらでご意見だとか激励のメッセージを頂ければ嬉しいです。

★マグロちゃんのツイッター(フォローしてね)
 → https://twitter.com/kajikihidetaka

★マグロちゃんのフェイスブック
 → https://www.facebook.com/hidetaka.kajiki

でも、クレームだとか苦情は・・・・ご勘弁くださいネ、だって凹むから(笑)

Let’s enjoy life.
by Hidetaka Kajiki

(ニックネーム:マグロちゃん)

The following two tabs change content below.
マグロちゃん

マグロちゃん

代表取締役社長コウフ・フィールド株式会社
加治木英隆。1964年4月、鹿児島県生まれ。鹿児島工業高校を卒業後、デンソーでのトヨタ生産方式、タナベ経営での経営コンサルタントを経験。1999年に株式譲渡でコウフ・フィールド株式会社のオーナー経営者となる。読書、映画鑑賞などが趣味。信条は「情熱と挑戦」、「ご縁に感謝」など。「繋がり」を大切な価値観として「良き関係性づくり」をモットーに取り組む毎日。日本ジョーキーボール協会の代表理事も務める。ニックネームはマグロちゃん。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
アクセスランキング
我々は自然の持つ「脅威」という側面にいかに対処すべきなのか?

今朝はこんな一枚から。 マグロちゃん眼科にて おはようございます。

「after コロナ」でなはく「with コロナ」という視点で必要なこととは?

今朝はこんな一枚から。 オンラインセミナー! おはようございます。

ハードディスクとCPU。貴方はどちらのスペックを注視してますか?

今朝はこんな一枚から。 スタバ・ラテを飲んで思案中! おはようござ

特別定額給付金に引き続き、ついにわが家にもアベノマスクが届きました!

今朝はこんな一枚から。 ガラガラの店内 おはようございます。 情熱

マーケティングであってマーケティングでない、すなわち思想や哲学であるエクスマからの学びと実践。

今朝はこんな一枚から。 エクスマ・マグロちゃん! おはようございま