*

カシオの「Gショック」成功に学ぶべき点は?

非日常こそが日常、これが最近の私のライフスタイルですね。

選挙運動でのひと時

おはようございます。 情熱と挑戦、マグロちゃんこと加治木英隆のブログへようこそ!
ブログにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。ご縁に感謝です。

ここ数週間は人や自然との新しい出会いにも恵まれた時間を過ごすことが出来ました。

まぁ、ただでさえ時間に追われている中での想像を絶するような期限付きミッションは、かつてない睡眠不足、そして体がこれまでにない悲鳴を上げるような事態も招いてますけど(苦笑)

でも、自分自身の「ライフ・シフト」にとっては良い機会だったと思います。

はい、何事においても「そこから何を学び、得るのか?」という視点は大事ですからね。

では今回のお話しです。

カシオの「Gショック」成功に学ぶべき点は?

閃きは突然やってくるものじゃない。徹底的に悩み、考え抜いたからこそ生まれるものです!

知ってる人も多いと思いますが、最近目にした次のような記事のお話しです。

カシオの「Gショック」が1億個突破。実はたった1行の企画書から誕生。その文言は・・

始まりは20代の若手社員が出した、たった1行の提案。「落としても壊れない丈夫な時計」――。その1行が仲間を引き寄せ、会社を動かし、のちの大ヒット腕時計「G-SHOCK(ショック)」を生んだ。
(日経電子版)

そんな見出しに、思わず一気に読破しました。

だって、今では誰もが知っているGショック時計に、どんな開発秘話があったんだろうか、どんな努力や葛藤があったんだろうか・・とっても気になりましたからね。

内容は面白かったですね。あっ、当事者とすればホント大変だったんでしょうけど。

基礎実験もしないまま企画書を出した負い目がありましたから、うまくいかなかったら会社を辞めるしかない、と思い詰めていました。そしていよいよ期限の日曜日。週が明けたら会社に謝りを入れて辞表を出そうと決心し、部屋を片付けるために休日出勤をした・・

ここでドラマがあるんですよね。

そして「それでも諦めきれなくてですね。未練たらしく実験をしていました。社員食堂が開いていないから、お昼を食べに外出したんです。そうしたら、会社に戻りたくなくなってしまいました」という状況で、公園のベンチに座ると女の子がゴムボールをついて遊んでいるのが目に入った・・

結論から言うと、そこでの閃きが開発成功になったんです。

でもね、本当に学ぶべき点は閃きじゃないんです。

閃きを導き出す瞬間を生み出した「悩んで、悩んで、悩みぬいた。考えて、考えて、考え抜いた。」という洗脳にあるんです。

私はそう思います。

そして、当時の腕時計の主流は薄型になる中で、アメリカに販路を求めた発想ですね。

「国内はいくら説得しても『こんなもの売れない』の一点張り」

まぁ、売り方を知らない典型ですね。「売れない」マーケティングの象徴的な出来事なのかもしれません。

いろいろと学びの多い記事でしたね。

今日のブログからの教訓

閃きは突然やってくるものじゃない。徹底的に悩み、考え抜いたからこそ生まれるものです!
(マグロちゃん語録)

今回はそんなお話しでした。

ではでは。

PS
マグロちゃんの人生論、ビジネス論を自由気ままに発信しています。
このブログを通じて何か一つでも新しい気付きやヒントがあれば・・そうそう、ご縁を頂いてる皆様のお役に立てれば嬉しいですね。

■マグロちゃんの会社WEBにもお立ち寄りくださいネ。
コウフ・フィールド公式ホームページ

そうそう、ブログランキング参加中ですから、ぜひ応援クリックもお願いしますね。

今何位だと思います?
以下の画像をポチッと押すだけで分かりますよ(笑)
↓↓↓

ブログランキング

あっ、ここスルーしようとしたでしょ!
ダメですよ、ちゃんと押して下さいね(笑)

★マグロちゃんのインスタグラム(フォローしてね)
 → http://instagram.com/kajiki_hidetaka/

このブログではコメントの受け付けはしていませんが、フェイスブック・ツイッターへの同時投稿もしておりますので、そちらでご意見だとか激励のメッセージを頂ければ嬉しいです。

★マグロちゃんのツイッター(フォローしてね)
 → https://twitter.com/kajikihidetaka

★マグロちゃんのフェイスブック
 → https://www.facebook.com/hidetaka.kajiki

でも、クレームだとか苦情は・・・・ご勘弁くださいネ、だって凹むから(笑)

Let’s enjoy life.
by Hidetaka Kajiki

(ニックネーム:マグロちゃん)

The following two tabs change content below.
マグロちゃん

マグロちゃん

加治木英隆。1964年4月、鹿児島県生まれ。鹿児島工業高校を卒業後、デンソーでのトヨタ生産方式、タナベ経営での経営コンサルタントを経験。1999年に株式譲渡でコウフ・フィールド株式会社のオーナー経営者となる。読書、映画鑑賞などが趣味。信条は「情熱と挑戦」、「ご縁に感謝」など。「つながり」を大切な価値観として、「良き関係性づくり」をテーマに取り組む毎日。日本ジョーキーボール協会の代表理事も務める。ニックネームはマグロちゃん。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • pinterest
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アクセスランキング
1964年4月18日に誕生したマグロちゃん、本日2019年4月18日をもって55歳となりました。感謝です!

今朝はこんな一枚から。 55歳のマグロちゃん! おはようございます

そのピンチは大ピンチじゃないでしょ!?

今朝はこんな一枚から。 出張先での一枚。 おはようございます。 情

「共感」しても「行動」に至るまでには大きな隔たりがあるんです。

今朝はこんな一枚から。 マグロちゃん in 苫小牧市役所 おはよう

何でもかんでも一人でやって・・そんな会社に成長なんてありません!

今朝はこんな一枚から。 祝!還暦! おはようございます。 情熱と挑

マグロちゃんの不変の思いとは!?

今朝はこんな一枚から。 ミラクルな一枚! おはようございます。 情