*

嬉野総合運動公園 みゆき球技場

公開日: : 最終更新日:2015/12/15 ロングパイル人工芝

嬉野総合運動公園 みゆき球技場

先日の業界紙で「ロングパイル人工芝グラウンド」の特集が組まれており、その中で2013年10月に竣工した「嬉野総合運動公園・みゆき球技場」が出ていました。

当社としてもしっかりとコミットできた人工芝グラウンドでもあるので、今回はそのフィールドを紹介させて頂きまます。

サガン鳥栖が監修したフィールド

今回のプロジェクトは、天然芝グラウンドを人工芝グラウンドに改修することによって、その施設の利用度を高めること、つまり多くの人達に使ってもらえるようにとの事で始まりました。

それとJ1リーグで活躍しているサガン鳥栖です。

嬉野市はサガン鳥栖と交流宣言をしているので、そのサガン鳥栖の監修のもとでプロジェクトも進めらました。そして、現在はJFA(日本サッカー協会)のロングパイル人工芝の公認も取得しているフィールドです。

佐賀県嬉野市 みゆき球技場(特集記事)

佐賀県嬉野市 みゆき球技場(サガン鳥栖監修)

それにしても、改修前と比較すると素晴らしいグラウンドになって生まれ変わっていると思います。

天然芝ピッチのコンディション維持を考えると、やはりその養生管理期間がない分だけ、ロングパイル人工芝の方が活用度という点では優れています。

佐賀県嬉野市 みゆき球技場(改修前グラウンド:天然芝)

miyuki001(改修後グラウンド:人工芝)

フィールドの概要

■工事期間:2013年9月1日~2013年9月30日(当社の施工時期)
■工事場所:佐賀県嬉野市大字下宿地内
■オープニングセレモニー:2013年10月12日
■人工芝:ロングパイル人工芝(ハイブリットターフXXP-62)A=10,200m2
■用途:多目的

佐賀県嬉野市 みゆき球技場(オープニングセレモ二―の様子)

素晴らしいフィールドづくりにコミットできたことに感謝です。

The following two tabs change content below.
マグロちゃんこと加治木英隆

マグロちゃんこと加治木英隆

代表取締役社長コウフ・フィールド株式会社
1964年4月、鹿児島県生まれ。鹿児島工業高校を卒業後、デンソーでのトヨタ生産方式、タナベ経営での経営コンサルタントを経験。1999年にコウフ・フィールド株式会社のオーナー経営者となる。読書、映画鑑賞などが趣味。信条は「情熱と挑戦」、「ご縁に感謝」など。「繋がり」を大切な価値観として「良き関係性づくり」をモットーに取り組む毎日。ニックネームはマグロちゃん。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
臨時休業解除及び新しい営業時間等のお知らせ

セルフ・フィットネス「たまりば」は5月22日(金)より営業を再開します

臨時休業期間延長のお知らせ

日頃より当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 セルフ

臨時休業のお知らせ

日頃より当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 セルフ

ジョーキーボール世界大会2020福岡開催(期間:2020年6月23日-27日)延期のお知らせ

ジョーキーボール世界大会延期のお知らせ 現在発生している新型コロナウ

大会アンバサダーメッセージ【衆議院議員 宮内秀樹 様】

気軽に楽しめるジョーキーボールの普及を応援します 衆議院議員 宮内