*

企業の生存率ってご存知ですか?

公開日: : 最終更新日:2024/06/07 飲食店・ホテル情報, 価値判断基準

今朝はこんな一枚から。

アイヌ民族の暮らし

読者登録やBookmarkしてもらっている皆さま、SNS繋がりの皆さま、そしてKOFU-FIELD STAFFのみんな、Good morning!

今日も【情熱と挑戦】マグロちゃんのブログへWelcome!

そして、たまたまブログにお立ち寄り頂いた皆さまも・・もちろん、ご縁に感謝ですよ。

Thank you so much!

冒頭の写真はアイヌ生活資料館からの一枚です。失われつつあるアイヌの貴重な文化遺産を保存し、明治初期の生活様式を忠実に再現している施設です。うん、私も遠い昔の鹿児島・郡山での生活を思い出しましたよ。懐かしい。

では今回のお話しです。

企業の生存率ってご存知ですか?

事業承継のあり方、これは大いなる経営課題です。

企業の生存率については、30年で僅か「0.02%」という数値を目にしたことがあります。

すなわち、30年経てほぼほぼ企業は淘汰されているということです。

実際に出回っている数値なので、もしかしたら目にした人もいるのかも知れません。

でも、流石にこの数値は私の肌感覚とは違い過ぎますね。

そこで調べてみると、帝国データバンクの統計データが出てきたんですが、それによると企業の10年後の生存率は約70%、20年後に約52%、そんな数値を目にしました。

まぁ、そんな感じなんでしょうね。これなら腑に落ちる数値です。

ちなみに日経ビジネスの記事も出てきたんですが、こちらはベンチャー企業の生存率は5年後で15%、10年後で6%、そんな数値でした。

もちろん、企業の歴史や規模、法人形態、或いはビジネススタイルや業種によっても生存率は異なると思いますけどね。

そこで一つ教訓。

「世の中に出回っている都市伝説的な話を鵜呑みにするな!」ということです。笑

でも、10年、20年、30年、といった歴史で幕を閉じる会社が多いのも事実です。

これは経営コンサルタントとして多くの企業を診断してきた経験のある、そして中小企業を経営してきている、そんな私の見立てですが、ザッと次の通りですかね。

創業10年ぐらいで淘汰される企業は、きっと市場に受け入れられなかったのでしようね。

すなわち、最初は相応の需要もあったけど、やがて色褪せていき、そしめ色々と頑張ってみたもののやっぱり無理だった、という感じです。

本質としてビジネスが成り立っていなかったのでしょう。

20年、30年というと、市場に受け入れられないと続けることは出来ない年数です。従って、ビジネスとして成り立っている、いうことです。

よく企業のライフサイクルとして、誕生から成長期、成熟期、そして衰退期、そんなことが言われています。

大切なことは、企業として衰退期を迎える前に、次の時代を担う成長期にある商品やサービスがありますか?ということです。

従って、何も手を打てずにいると、何もせずに放っておく と、20年、30年で淘汰されますよ、ということです。

「変化に挑めなかった企業」と言えるのかも知れません。

そしてもう一つ、私の見立てがあります。

それは、創業者の年齢にもよりますが、例えば40歳で起業して30年経つとオーナーは70歳となります。

情熱を注ぎ続けたくても、気力、体力には限界も来るものです。

そのタイミングを見計らって、後継者にバトンタッチがうまく出来ていなければ、企業としては淘汰されると思います。

はい、これが20年、30年、といった歴史で幕を閉じる会社の背景にあるものです・・って、私の勝手な見立てですけどね。

すなわち、企業を取り巻く環境変化にうまく順応できなかったのか、事業承継がうまくできなかったのか、この二つにあると考えています。

さぁ、わが社も25年、私も60歳、色々と次を見据えた手を打つ時期ですね。

目指すべきは「ゴーイングコンサーン」この一点のみです。

今日のブログからの教訓

事業承継のあり方、これは大いなる経営課題です。
(マグロちゃん語録)

今朝はそんなメッセージをお届けしました。

おまけの写真は登別グランドホテルでの一枚。出迎えてくれるのは赤鬼。笑

登別と言えば登別地獄谷。地獄と言えば鬼。よって、これが登別と鬼の関係なんですね。うん、豆知識ですよ。

ではでは。

PS
マグロちゃんの人生論、ビジネス論を自由気ままに発信しています。
このブログを通じて何か一つでも新しい気付きやヒントがあれば・・そうそう、ご縁を頂いてる皆様のお役に立てれば嬉しいですね。

■マグロちゃんの会社WEBにもお立ち寄りくださいネ。
コウフ・フィールド公式ホームページ

そうそう、ブログランキング参加中ですから、ぜひ応援クリックもお願いしますね。

今何位だと思います?
以下の画像をポチッと押すだけで分かりますよ(笑)
↓↓↓

ブログランキング

あっ、ここスルーしようとしたでしょ!
ダメですよ、ちゃんと押して下さいね(笑)

★マグロちゃんのインスタグラム(フォローしてね)
 → http://instagram.com/kajiki_hidetaka/

このブログではコメントの受け付けはしていませんが、フェイスブック・ツイッターへの同時投稿もしておりますので、そちらでご意見だとか激励のメッセージを頂ければ嬉しいです。

★マグロちゃんのツイッター(フォローしてね)
 → https://twitter.com/kajikihidetaka

★マグロちゃんのフェイスブック
 → https://www.facebook.com/hidetaka.kajiki

でも、クレームだとか苦情は・・・・ご勘弁くださいネ、だって凹むから(笑)

Let’s enjoy life.
by Hidetaka Kajiki

(ニックネーム:マグロちゃん)

The following two tabs change content below.
マグロちゃん

マグロちゃん

代表取締役・CEOコウフ・フィールド株式会社
「スポーツの魅力は世界共通!スポーツが日本を、そして世界を元気にする!」 1964年鹿児島生まれ。大手自動車部品メーカー、経営コンサルタント会社を経て、現在はスタジアム等のグラウンドの設計・施工・維持管理を手掛けるコウフ・フィールドのオーナー経営者。スポーツをこよなく愛し、新感覚のサッカー「ジョーキーボール」の国内普及にも奔走する。2021年7月から一年間限定でプロレス・エンターテインメント「FMWE」の代表取締役も務める。プレイする楽しさ、観戦する楽しさ、そして多くの人たちに感動を与えるスポーツエンターテインメントを通じて、人と人との「繋がり」を実感してもらうことを人生ミッションとして掲げる。ニックネームはマグロちゃん。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
アクセスランキング
川崎でスピニング・トー・ホールドが響き渡るのか?

今朝はこんな一枚から。 FMWEミッション 読者登録やBookma

マッチングアプリの利用料を行政が補助!?我が耳を疑うレベルでの驚きですが。

今朝はこんな一枚から。 変なホテル!? 読者登録やBookmark

コロナ急増中。未だ感染したことのない私が気をつけていることとは?

今朝はこんな一枚から。 さぁ、食べよう! 読者登録やBookmar

プロレスから気付き「イジメ問題解決」へのヒントとは?

今朝はこんな一枚から。 FMWEミッション 読者登録やBookma

ズバリ、年をとってやってはいけないことはコレですね。

今朝はこんな一枚から。 映画鑑賞しながらの移動 読者登録やBook