*

毎日毎日苦しい思いをしながら必死に働いて、自らの命も危険に晒されながら・・それでもボーナスは1円も支給がないとは・・絶句しますね。

公開日: : 最終更新日:2020/07/16 マグロちゃん語録, 驚きの世界, 価値判断基準, 政治

今朝はこんな一枚から。

本社応接室にて

おはようございます。 情熱と挑戦、マグロちゃんこと加治木英隆のブログへようこそ!
ブログにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。ご縁に感謝です。

エアコンの取り換えは完了していたものの、まさかの配管老朽化とは・・トホホ。築20年、ここにも老朽化の影が忍び寄っていたとは・・やれやれ。

でも対応するしかないですからね。幸いにも建築のプロが社内にいることが救いですね。

そう、どんな世界でもプロがいるからこそ、経済だって成り立っているんですよね。

では今回のお話しです。

毎日毎日苦しい思いをしながら必死に働いて、自らの命も危険に晒されながら・・それでもボーナスは1円も支給がないとは・・絶句しますね。

今は医療体制の充実のために最大限の予算配分をすべし!

文藝春秋のこの記事は衝撃的です。

東京女子医大で看護師400人が退職希望「ボーナスゼロ、給料減額では最前線で働けない」悲痛告白

「毎日毎日苦しい思いをしながら必死に働いて、コロナエリアにも駆り出されることになったにも関わらず、ボーナスは1円も支給はなしだと言われました。それに関する説明も紙切れ一枚で済まされ、ボーナス支給がないことが当然であるかのように言われ、到底納得ができません」

労働組合側の調査によると、約2,000人いるという同病院3施設の看護師のうち、400名以上が退職の意思を示しているという。

5人に1人の割合で看護師が退職すれば、それはまさに医療崩壊となるのではないでしょうか。

もちろん、私だって経営者なので、病院を倒産させないこと、つまり医療活動を続けることが出来るように病院経営を守っていくことが全ての判断基準だと理解できます。

そのためには人件費カットや人員削減だって、その状況においては「打つべき手」として賛同します。

事実、わが社だって経営が厳しい時なんて賞与なんて支給できませんからね。

でも・・

それでも、やっぱり我々の民間企業とは異なり、多くの命を預かっているのが病院であり、その医療の最前線でホスピタリティ精神をもって我々の命を支えてくれているのはドクターや看護師なんですよ。

コロナ禍で一層多忙を極めているのに、それで病院経営が傾いてしまう、それは国の制度欠陥だと言わざるを得ません。

我々の業界に置き換えると、災害復旧で多忙を極めている、表現は悪いですが復興という「特需」があるのに会社経営が傾くなんてあり得ない話です。そう思いませんか?

国としても第二次補正予算として「ウイルスとの長期戦を戦い抜くための医療・福祉の提供体制の確保」ということで、2兆7,179億円に及ぶ予算を確保しています。

でも、仕組みとしては不十分だということではないでしょうか。

しかも、先ほど書いた特定の病院だけでなく、多くの病院経営が厳しくなっていることを考えれば、なおさらのことだと思います。

今、都内の感染者が急増しています。感染者を受け入れるホテルの部屋もほぼ埋まっている状況です。

このような中で、「Go Toキャンペーン」が「前倒し」で7月22日からスタートします。これには約1.7兆円という前例のない予算が割り当てられています。

都内での感染者推移をみると「第2波」襲来と表現されてもおかしくない状況であり、緊急事態宣言を再発令しても・・というか、何ゆえに出さないのか!?って多くの有識者が疑問を呈しています。

確かに考えるべきだと思います。

個人的には「Go Toキャンペーン」には大賛成です。大打撃を受けて瀕死の状態にある観光関連業界を救い、経済を立て直すためにも有効な手立てだと思いますから。

だから「やるのか?やならいのか?」という議論ではなく「いかにやるべきなのか?」という議論ありきだと思います。

でも、いつ緊急事態宣言が再発令されてもおかしくない今の時期にキャンペーンをスタートさせるのは、さすがにどう考えても厳しいかな?と思いますけど。

私は8月に2度ほど家族旅行を計画しています。旅行といっても近場に1泊とかせいぜい2泊する程度なんですけど。まぁ、年頭から不休状態で7月まで走り続けたので、ここらで体のケアも少し考えて・・ということなんですが。

だから、感染予防対策はマストという前提で「Go Toキャンペーン」に頼らずとも旅行しますよ。はい、

だからこそ、今は医療体制の充実のために最大限の予算配分をして欲しいと思いますけど。もちろん個人的な意見ですけどね。

皆さんはどう思われますか?

今日のブログからの教訓

今は医療体制の充実のために最大限の予算配分をすべし!
(マグロちゃん語録)

今朝はそんなメッセージをお届けしました。

JRを使っての旅もいいかもね!

ではでは。

PS
マグロちゃんの人生論、ビジネス論を自由気ままに発信しています。
このブログを通じて何か一つでも新しい気付きやヒントがあれば・・そうそう、ご縁を頂いてる皆様のお役に立てれば嬉しいですね。

■マグロちゃんの会社WEBにもお立ち寄りくださいネ。
コウフ・フィールド公式ホームページ

そうそう、ブログランキング参加中ですから、ぜひ応援クリックもお願いしますね。

今何位だと思います?
以下の画像をポチッと押すだけで分かりますよ(笑)
↓↓↓

ブログランキング

あっ、ここスルーしようとしたでしょ!
ダメですよ、ちゃんと押して下さいね(笑)

★マグロちゃんのインスタグラム(フォローしてね)
 → http://instagram.com/kajiki_hidetaka/

このブログではコメントの受け付けはしていませんが、フェイスブック・ツイッターへの同時投稿もしておりますので、そちらでご意見だとか激励のメッセージを頂ければ嬉しいです。

★マグロちゃんのツイッター(フォローしてね)
 → https://twitter.com/kajikihidetaka

★マグロちゃんのフェイスブック
 → https://www.facebook.com/hidetaka.kajiki

でも、クレームだとか苦情は・・・・ご勘弁くださいネ、だって凹むから(笑)

Let’s enjoy life.
by Hidetaka Kajiki

(ニックネーム:マグロちゃん)

The following two tabs change content below.
マグロちゃん

マグロちゃん

代表取締役・CEOコウフ・フィールド株式会社
「スポーツの魅力は世界共通!スポーツが日本を、そして世界を元気にする!」 1964年鹿児島生まれ。大手自動車部品メーカー、経営コンサルタント会社を経て、現在はスタジアム等のグラウンドの設計・施工・維持管理を手掛けるコウフ・フィールド株式会社のオーナー経営者。スポーツをこよなく愛し、日本ジョーキーボール協会の代表理事として、新感覚のサッカー「ジョーキーボール」の国内普及にも奔走する。プレイする楽しさ、観戦する楽しさ、そして多くの人たちに感動を与えるスポーツエンターテインメントを通じて、人と人との「繋がり」を実感してもらうことを人生ミッションとして掲げる。ニックネームはマグロちゃん。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
アクセスランキング
大相撲千秋楽。横綱がしっかりと夏場所を締めてくれましたね。

今朝はこんな一枚から。 懐かしい写真(笑) 読者登録やBookma

政治資金パーティーで思うことは?

今朝はこんな一枚から。 商店街でのランチ! 読者登録やBookma

映画鑑賞においては「ネタバレ」をチェックしてから作品を選ぶ。そんなZ世代とは?

今朝はこんな一枚から。 コワーキングスペースにて! 読者登録やBo

シン・ウルトラマン。ところで「シン」ってどんな意味!?

今朝はこんな一枚から。 ここはどこでしょうか? 読者登録やBook

議員定数問題。アダムズ方式という「人口比をより正確に反映させる」やり方が正しいのだろうか?

今朝はこんな一枚から。 東京ビッグサイト! 読者登録やBookma