ティフウェイⅡの特徴

ティフウェイⅡのターフは葉密度が高く、クッション性に富、従来のティフウェイ(ティフトン419)に比較して、雑草侵入抵抗性も向上している。

tif

ティフウェイⅡのデータ

品 種 名
ティフウェイⅡ(TifwayⅡ)


草 種 名
バーミューダグラス


学   名
Cynodon dactylon X Cynodon transvaalensis


原 産 地
アメリカ合衆国


育 成 地
アメリカ合衆国


特   長
見た目はティフウェイ(ティフトン419)に似ているが、419より密度が高く、雑草侵入抵抗性が強い。根こぶ線虫への耐性や耐霜性が強く、ティフウェイ(419)より若干春の芽立ちも早い。


草   丈
20mmから40mm [通常刈高]


用   途
学校校庭用芝生、サッカー場、陸上競技場など各種スポーツグラウンド


繁殖形式
栄養繁殖(ほふく茎による)


植付工法
ZN工法(二重ネット工法)、張芝工法、撒芝工法


「ティフウェイⅡ」はゾイシアンジャパン株式会社の登録商標です。
コウフ・フィールド株式会社はコンサルティングパートナーとして、企画・提案・設計・施工を行っています。
The following two tabs change content below.
KOFU-FIELD STAFF
フィールドづくりのアドバイザー/設計・施工・維持管理の専門家集団、コンサルタント集団という自覚と責任をもって、お客様視点での価値ある提案を念頭に日々活動しているKOFU-FIELD STAFF。「独自の技術で独自の価値を」というスローガンのもとで「専門スキル×連携力=チーム総合力の発揮」を行動指針として事業展開に取り組む。Kingdom of Fantastic Unit!
KOFU-FIELD STAFF

最新記事 by KOFU-FIELD STAFF (全て見る)