*

フランスの強豪パリ・サンジェルマンのイブラヒモビッチ選手をご紹介します!

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 海外フィールド, サッカー芝ブログ

イブラヒモビッチ選手!

ガッツ・井山がお届けするヨーロッパサッカーの魅力発信シリーズ!

はい、というわけで今回のスタッフブログを担当させて頂きますのは、ガッツこと井山です。

今回はフランスリーグアン、パリ・サンジェルマンとそこに所属するズラタン・イブラヒモビッチ選手についてご紹介いたします!

フランスの強豪、パリ・サンジェルマンとは・・!?

現在パリ・サンジェルマンはフランスのみならず、世界でもっとも裕福なクラブの一つです。

2011年に政府系ファンドのカタール・スポーツ・インベストメント (QSI) がクラブ株式の70%を購入、2012年には残りの30%の株式も購入し、QSIが単独株主となりました。

このカタールの投資家による豊富な資金力で選手を集め、数多くの栄光を勝ち取ります。

フランス国内外から集まったタレント軍団は、2012年から4年連続で国内リーグを優勝しており、UEFAチャンピオンズリーグで「4年連続ベスト8入り」するなどその輝きは増すばかりです。

パリ・サンジェルマンのホームスタジアム
パルク・デ・プランス
“Parc des Princes”パリ・サンジェルマンのホームスタジアム

そのタレント軍団の中でもチームの中心、得点王として活躍するズラタン・イブラヒモビッチ選手をご紹介いたします!

優勝請負人こと、ズラタン・イブラヒモビッチ選手!

イブラヒモビッチはスウェーデン生まれのストライカーで、14歳でスウェーデンの強豪・マルメFFと契約し、1999年にトップチームデビューを果たしています。

2001年にはチーム史上最高額の移籍金を提示したアヤックスに移籍。

その後、ユヴェントス、インテル、バルサ、ミランなど強豪クラブを渡り歩き、その間にスウェーデン最優秀選手、セリエA得点王ほか、数々のタイトルを獲得しました。

国内リーグ連続優勝記録が8年、国内リーグの優勝回数は過去14シーズンで12回と、まさに優勝請負人です。

2012年からはフランスの強豪パリ・サンジェルマンに所属し、35歳になった今でも得点を量産しており、3年連続でフランスリーグの得点王で最優秀選手賞を獲得するなど、その輝きに衰えは見えません。

ズラタン・イブラヒモビッチ選手ズラタン・イブラヒモビッチ

悪童としての一面も・・

イブラヒモビッチはスウェーデンきっての悪童と言われ、性格的にむらがあり、監督や同僚との衝突も多いことで有名です。

エピソードとしては・・・

悪童・イブラヒモビッチ
・練習中にいきなりチームメイトに蹴りをかましたりする
・公道を時速325kmで暴走し、警察の追跡を振り切る
・チームメイトと取っ組み合いのケンカで肋骨を骨折する
・他の選手がウォーミングアップをしているさなか、チューイングガムでリフティング

などなど。

また、思ったことをハッキリと口に出す性格はしばしばメディアに話題を提供します。

勝者のメンタリティー

そんなイブラヒモビッチには、ずば抜けたサッカーセンスのほかに、一流選手に欠かせないと思われる強いメンタリティーが備わっています。

イブラヒモビッチがよく口にする「聞くが、聞かない」という哲学です。

「人の言うことに耳は傾けるが、最後には俺が決める」というスタイルはイブラヒモビッチのぶれないメンタリティーの象徴ともいえます。

そんなイブラヒモビッチの波乱の人生を綴った自伝本「I AM ZLATAN」が今話題です。

人口1,000万人の本国スウェーデンで50万部を超えるベストセラーを記録し、日本でも翻訳されたものが販売されています。

イブラヒモビッチの波乱の半生を描いた作品は、とても読み応えがありますので興味のある方ぜひ読んでみて下さい。

マンチェスター・ユナイテッドに移籍します!

契約満了をもってパリ・サンジェルマンを退団することが決定しているイブラヒモビッチは、マンチェスター・ユナイテッド加入が内定しているとも言われています。

活躍の舞台をイングランドに移し、優勝回数記録の更新など、さらなる飛躍が期待されます。

パリ・サンジェルマンはイブラヒモビッチの抜けた穴を埋めるべく、さらなる選手の獲得に動いているそうです。

そんな視点で、パリ・サンジェルマンの動向、そして今後のイブラヒモビッチ選手の活躍に注目してみてください!

参考:ウィキペディア(パリ・サンジェルマン)
「I AM ZLATAN」

The following two tabs change content below.
KOFU-FIELD STAFF

KOFU-FIELD STAFF

スポーツフィールドづくりのプロフェッショナルという自覚と責任をもって、お客様視点での価値ある提案を念頭に日々活動をしているコウフ・フィールド株式会社。スポーツ施設事業やランドスケープ事業を中心に、新感覚・フィットネスサッカー「ジョーキーボール」やセルフフィットネス「たまりば」を展開しております。
KOFU-FIELD STAFF

最新記事 by KOFU-FIELD STAFF (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
臨時休業解除及び新しい営業時間等のお知らせ

セルフ・フィットネス「たまりば」は5月22日(金)より営業を再開します

臨時休業期間延長のお知らせ

日頃より当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 セルフ

臨時休業のお知らせ

日頃より当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 セルフ

ジョーキーボール世界大会2020福岡開催(期間:2020年6月23日-27日)延期のお知らせ

ジョーキーボール世界大会延期のお知らせ 現在発生している新型コロナウ

大会アンバサダーメッセージ【衆議院議員 宮内秀樹 様】

気軽に楽しめるジョーキーボールの普及を応援します 衆議院議員 宮内