*

地方創生のために我々がビジネスで成し遂げなければならないことは?

公開日: : 最終更新日:2020/01/26 マグロちゃん語録, 政治, 驚きの世界, 価値判断基準

今朝はこんな一枚から。

大自然を満喫!

おはようございます。 情熱と挑戦、マグロちゃんこと加治木英隆のブログへようこそ!
ブログにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。ご縁に感謝です。

地方都市っていいですね。何より大自然が素晴らしいですよ。やっぱり地方都市が輝いていないと日本ってダメなんだと思いますよね。

では今回のお話しです。

地方創生のために我々がビジネスで成し遂げなければならないことは?

コウフ・フィールドは地方都市発で魅力ある企業づくりを目指します!

地方創生が求められる時代。でも、最近ではあまり耳にしなくなったような気がしますけど・・。

だけど、いろんな意味で地方創生って大事なんですよね。

例えば人口減少問題。

これはマジでなんとかしないとヤバいですからね。ったく、成果が出てこない政府の取り組みには物申したいですね。あっ、ネガティブじゃないですよ、笑。

そうそう、地方創生の対極にある言葉ってなんだと思いますか?

自分なりに考えてみたんですが、例えばこんな言葉はどうでしょうか?

「東京一極集中」

地方から都市部へ、そして東京へ。鹿児島の田舎町で生まれ育った私が地方の中核都市・福岡へ、そして福岡で生まれ育った若者が大都会・東京へ、という感じ。

これだと地方創生どころか地方疲弊ですよね。やっぱり人口って全ての源ですから。

しかも、この人口流入数がまさに「東京」一極集中なんですよね。大阪でも名古屋でもありません。

皆さん、ちょっと考えてみませんか?

大都会・東京って子育てに向いてないと思うんですけど。待機児童の問題、高い土地・家賃の問題、子どもがたくさん欲しくても現実には無理!って人も多いのではないでしょうか?

その点ですよ、地方都市なら子育てには快適ですよね。しかも緑豊かな大自然の中ってサイコーじゃないですか。人口だって増えますよ。

そもそも、これが地方創生の狙いの一つにあったのではないでしょうか。

だから、せめて中央省庁ぐらいは地方都市に分散されるべきだと思うんですけどね。しかも、現代社会はインターネットが普及して、もうすぐ「5G」社会の到来ですからね。別に都内に政府機能を集約して物理的な距離を近くにしておく必要性ってないですよね。

それに、東京大震災が起きたときの国としてのリスクマネジメトを考えるなら尚更ですよ。

はい、ということで中央省庁は地方都市に分散です。

そして我々企業人も地方都市を盛り上げるためにやらなきゃダメなんですよね。地方都市に働く場所がなければ地方創生なんて絵に書いた餅ですからね。

だから政府が云々じゃなくて、我々は我々で出来ることをやる、そういうことなんですよね。

今日のブログからの教訓

コウフ・フィールドは地方都市発で魅力ある企業づくりを目指します!
(マグロちゃん語録)

今朝はそんなメッセージをお届けしました。

ではでは。

PS
マグロちゃんの人生論、ビジネス論を自由気ままに発信しています。
このブログを通じて何か一つでも新しい気付きやヒントがあれば・・そうそう、ご縁を頂いてる皆様のお役に立てれば嬉しいですね。

■マグロちゃんの会社WEBにもお立ち寄りくださいネ。
コウフ・フィールド公式ホームページ

そうそう、ブログランキング参加中ですから、ぜひ応援クリックもお願いしますね。

今何位だと思います?
以下の画像をポチッと押すだけで分かりますよ(笑)
↓↓↓

ブログランキング

あっ、ここスルーしようとしたでしょ!
ダメですよ、ちゃんと押して下さいね(笑)

★マグロちゃんのインスタグラム(フォローしてね)
 → http://instagram.com/kajiki_hidetaka/

このブログではコメントの受け付けはしていませんが、フェイスブック・ツイッターへの同時投稿もしておりますので、そちらでご意見だとか激励のメッセージを頂ければ嬉しいです。

★マグロちゃんのツイッター(フォローしてね)
 → https://twitter.com/kajikihidetaka

★マグロちゃんのフェイスブック
 → https://www.facebook.com/hidetaka.kajiki

でも、クレームだとか苦情は・・・・ご勘弁くださいネ、だって凹むから(笑)

Let’s enjoy life.
by Hidetaka Kajiki

(ニックネーム:マグロちゃん)

The following two tabs change content below.
マグロちゃん

マグロちゃん

代表取締役社長・CEO最高経営責任者コウフ・フィールド株式会社
加治木英隆。1964年4月、鹿児島県生まれ。鹿児島工業高校を卒業後、デンソー、タナベ経営を経て、1999年にコウフ・フィールド株式会社のオーナー経営者となる。映画鑑賞、プロレス観戦、読書などが趣味。【全ては「つながり」のビジネスであり人生である】そんな思いをもって「良き関係性構築」をモットーに日々邁進中。日本ジョーキーボール協会の代表理事も務める。ご縁に感謝!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
アクセスランキング
高校時代の友人と再会。そこで得たものは?

今朝はこんな一枚から。 高校時代の友人とのツーショット! 読者登録

本日からアメリカでTikTokのダウンロードが禁止されることに思うことは?

今朝はこんな一枚から。 ソーシャルディスタンス! 読者登録やBoo

ミスター・トランキーロ!内藤哲也に共感する人生観とは!?

今朝はこんな一枚から。 トランキーーーロ! 読者登録やBookma

深夜1時頃の記者会見なんて・・ほんと、アホじゃないの?一体どれだけ多くの人が残業してんの?もしかして霞が関ってブラックじゃないの?

今朝はこんな一枚から。 政経セミナーにて 読者登録やBookmar

縦割り組織、既得権益、悪しき前例主義、という三悪を打破する姿勢に共感しました!

今朝はこんな一枚から。 衆議院議員会館をバックに一枚 読者登録やB