コウフ・フィールド株式会社はロービジョンフットサル「Clube Atlético SOLUA (クラブアトレティコ ソルア)」を応援しています!

「CLUB VISION」

「自身の可能性を信じて、工夫し、スポーツを通じて自立する」を理念に掲げた、視覚障害のある選手主体のスポーツクラブです。ロービジョンフットサル(見えにくい人が実践できるよう工夫されたフットサル)の強化・普及に取り組むとともに、障害のある子どもたちが参加可能な「わかる・できる・楽しい」スポーツ環境づくりを促進しています。

「ロービジョンフットサル」ってご存知ですか?

ロービジョンフットサルのClube Atlético SOLUA (クラブアトレティコ ソルア)のホームページから抜粋して紹介させていただきます。

ロービジョンフットサルとは、ロービジョン者(弱視者)の特性に合わせた5人制サッカーです。ロービジョン者の見えにくさは、ぼやけ、欠け、にごりなど多様な見えにくさがありますが、見え方の異なる選手同士が互いの声で連携し、ゴールを目指します。

フィールドプレイヤーはB2(矯正後の視力が0.03まで、または視野5度まで)、B3(矯正後の視力が0.1まで、または視野20度まで)の選手が出場し、ゴールキーパーは視覚に障害のない人も務めることができます。

ブラインドサッカーとは違うの?

視覚障害者サッカーの競技は2種類あります。 フットサル(5人制サッカー)を基にルールが考案されており、障害の程度に よって、3つのカテゴリーに分かれます。

B1 : 全盲から光覚まで→ブラインドサッカー

B2 : 矯正後診断で視力0.03まで、ないし、視野5度まで

B3 : 矯正後診断で視力0.1までで、ないし、視野20度まで→ロービジョンフットサル

 

コウフ・フィールド株式会社の広報活動

コウフ・フィールド株式会社は、皆様方のお役に立てるような情報発信を心がけております。
何か少しでも、何か一つでも、そんな気付きでも与えることができたら幸いです。
今後ともコウフ・フィールド株式会社の広報活動を宜しくお願いします。

■「ホームページ」

コウフ・フィールド株式会社ホームページ更新情報の受け取り

■「YouTube動画チャンネル」

コウフ・フィールド株式会社YouTube動画チャンネル

■「スタッフブログ」

コウフ・フィールド スタッフブログ

→読者登録

■「社長ブログ」

マグロちゃんこと加治木英隆のブログ

→読者登録

The following two tabs change content below.
マグロちゃん
代表取締役社長・CEO最高経営責任者 加治木英隆。1964年4月、鹿児島生まれ。現住所は福岡県みやま市。鹿児島工業高校卒業。デンソーでのトヨタ生産方式、タナベ経営での経営コンサルタントを経験した後、1999年に株式譲渡でコウフ・フィールド株式会社のオーナー経営者となる。情熱と挑戦、変化こそ常道、ご縁を大切に、信義至誠、一日一生、頼まれごとは試されごと、そして「良き関係性の構築」などが信条。人生ビジョンとして「一人ひとりがしっかりと輝き、お互いがリスペクトし合って繋がっている世界を創ること」を掲げている。
マグロちゃん

最新記事 by マグロちゃん (全て見る)