*

将来展望をいかに描くのか?問われているのはこの一点のみです!

公開日: : 最終更新日:2019/10/29 マグロちゃん語録, 価値判断基準

今朝はこんな一枚から。

こう見えても同じ年ですからね、苦笑。

おはようございます。 情熱と挑戦、マグロちゃんこと加治木英隆のブログへようこそ!
ブログにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。ご縁に感謝です。

まるで仙人のような・・まぁ、それはさておき。先日のブログでも紹介した瀬口舗道の誇るオペレーターなんですね。20数年前には私と一緒に現場作業をしていたんですよね。懐かしいですね。

では今回のお話しです。

将来展望をいかに描くのか?問われているのはこの一点のみです!

未来への夢や希望が持てるビジネスモデルを持とう!

我々の業界におけるコンセッション方式のリーディングカンパニーですね。

公共施設などの運営権を国や自治体から取得する「コンセッション」が日本でも広がるなか、主導役をめざす企業がある。準大手ゼネコンの前田建設工業だ。8月末には愛知県で国際展示場の運営を始め、水道分野では仏水メジャーと組み運営権取得に動く。10年後には本業の「建設」と利益ベースで同規模の収益源に育てようとビジネスモデルも変えている。
(日経産業新聞)

その前に「コンセッションとは何か?」ということですよね。

公共施設の所有権を国や自治体に残したまま、長期間の運営権を民間事業者に売却する形の民営化。民間資金やノウハウを活用して、公共サービスの充実や新たなビジネスの創出を狙う。

すなわち、コンセッションでは、公共施設(有料道路、上・下水道、空港など)として建設されたインフラに、その施設の長期間にわたる運営権を設定することなんです。その権利を民間事業者が行政から購入してインフラの運営を実施するんです。

そうそう、似たような事業形態にPFI事業があると思うんですが、その違いは次の通り。

図を引用した大和総研レポートでは以下の通りメリットが記されています。

行政メリットは「公共インフラ建設費<権利の対価」であれば建設費負担以上の収益を得たことになり、「公共インフラ建設費>権利の対価」であっても建設費の節約に寄与し、運営リスクを切り離すことができます。

一方、民間企業側からすれば、運営リスク(料金収入が思ったほど伸びない等)を背負うことになりますが、料金収入を伸ばすような様々な工夫をこらすことによって、収益拡大を狙うチャンスが増えることになります。

インフラのサービスを享受する利用者や住民にとっては、民間企業が行政よりも良いサービスを適正な料金で提供してくれるのであれば、満足度も高まることとなります。

いずれにしても・・

我々の業界もビジネスモデルを進化させていかないと、未来への夢や希望が持ていない時代なんですよね。

つまり「将来展望をいかに描くのか?」問われているのはこの一点のみですね。

今日のブログからの教訓

未来への夢や希望が持てるビジネスモデルを持とう!
(マグロちゃん語録)

今朝はそんなメッセージをお届けしました。

それにしても、相変わらず見事な腕前でしたね。

ではでは。

PS
マグロちゃんの人生論、ビジネス論を自由気ままに発信しています。
このブログを通じて何か一つでも新しい気付きやヒントがあれば・・そうそう、ご縁を頂いてる皆様のお役に立てれば嬉しいですね。

■マグロちゃんの会社WEBにもお立ち寄りくださいネ。
コウフ・フィールド公式ホームページ

そうそう、ブログランキング参加中ですから、ぜひ応援クリックもお願いしますね。

今何位だと思います?
以下の画像をポチッと押すだけで分かりますよ(笑)
↓↓↓

ブログランキング

あっ、ここスルーしようとしたでしょ!
ダメですよ、ちゃんと押して下さいね(笑)

★マグロちゃんのインスタグラム(フォローしてね)
 → http://instagram.com/kajiki_hidetaka/

このブログではコメントの受け付けはしていませんが、フェイスブック・ツイッターへの同時投稿もしておりますので、そちらでご意見だとか激励のメッセージを頂ければ嬉しいです。

★マグロちゃんのツイッター(フォローしてね)
 → https://twitter.com/kajikihidetaka

★マグロちゃんのフェイスブック
 → https://www.facebook.com/hidetaka.kajiki

でも、クレームだとか苦情は・・・・ご勘弁くださいネ、だって凹むから(笑)

Let’s enjoy life.
by Hidetaka Kajiki

(ニックネーム:マグロちゃん)

The following two tabs change content below.
マグロちゃん

マグロちゃん

代表取締役社長コウフ・フィールド株式会社
加治木英隆。1964年4月、鹿児島県生まれ。鹿児島工業高校を卒業後、デンソーでのトヨタ生産方式、タナベ経営での経営コンサルタントを経験。1999年に株式譲渡でコウフ・フィールド株式会社のオーナー経営者となる。読書、映画鑑賞などが趣味。信条は「情熱と挑戦」、「ご縁に感謝」など。「繋がり」を大切な価値観として「良き関係性づくり」をモットーに取り組む毎日。日本ジョーキーボール協会の代表理事も務める。ニックネームはマグロちゃん。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
アクセスランキング
企業とは環境適応業ではあるものの、対応できない変化もあるってご存知ですよね!?

今朝はこんな一枚から。 原点回帰! おはようございます。 情熱と挑

もし、あなたが感染したらどうしますか?

今朝はこんな一枚から。 2020年社員研修会より おはようございま

新人研修&スキルアップ研修会で私が伝えたことは!?

今朝はこんな一枚から。 研修会! おはようございます。 情熱と挑戦

なにか一気に押し寄せてきそうな気もします・・まさに戦々恐々。

今朝はこんな一枚から。 ジョーキーボール行脚! おはようございます

働き方改革関連法施行。中小企業に大きなインパクトを与えるってご存知ですか?

今朝はこんな一枚から。 瑞泉酒造工場にて! おはようございます。