*

サッカーにVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)は必要なのか?

今朝はこの人との一枚から。

マグロちゃん & 高田静夫さん

おはようございます。 情熱と挑戦、マグロちゃんこと加治木英隆のブログへようこそ!
ブログにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。ご縁に感謝です。

「サッカー関係者なら知らない人はない」そんな紹介をされていた高田静夫さんとのインカメ・ツーショットです。

1986年・FIFAワールドカップの「スペイン代表 VS アルジェリア代表」で日本人初の主審を務めた方です。

では今回のお話しです。

サッカーにVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)は必要なのか?

サッカーの審判目線をもって試合観戦を楽しもう!

まずは高田静夫さんの経歴を簡単に紹介しておくと・・

1984年のAFCアジアカップ「中国代表 VS ヨルダン代表」で国際審判員として初めての審判を務め、1995年3月に審判員を引退するまで、国内外で数多くの主審、線審、予備審判を務めました。

ワールドカップでは1986年以外にも1990年の「ユーゴスラビア代表 VS アラブ首長国連邦 (UAE)代表」でも主審を務めているんですね。

まさに日本サッカー審判の「顔」という方ですね。

そんな高田静夫さんは、日本スポーツ大賞、Jリーグ最優秀審判員賞、FIFAスペシャルアワードを始め、多くの受賞もされています。

はい、そんな高田静夫さんとのインカメ・ツーショットはマグロちゃんの貴重な思い出ですね(笑)

ご縁を頂いたのは公益財団法人東京都サッカー協会・サッカーシニア連盟開幕式の場でした。

この日は高田静夫さんからスペシャルスピーチもあり、テーマは審判経験者らしく「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)」についての内容でしたが、興味深く拝聴させてもらいました。

せっかくなので・・

サッカーにVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)は必要なのか?

今でこそ多くのスポーツでビデオ判定が導入されていますが、皆さんはサッカーにおけるVAR導入をどう思いますか?

サッカーは野球やテニスといったスポーツと違い、試合の流れが止まることが原則としてないですよね。だからビデオ判定を行うタイミングが難しい、という事があげられます。

それに、なんでもかんでもビデオ判定によって試合の流れが中断されれば、試合時間を長くするばかりか、試合を観ている方だって面白くないですよね。

それに、審判のスキル向上にもなりません。

従って、一番重要なゴールシーンの判定だけ導入すればいいのかな、と思いますけど。さすがにこの時は試合の流れも止まる瞬間でもありますので。

どない?(笑)

まぁ、それでも「世紀の誤審」もドラマの一つかな、と個人的には思いますけどね。あっ、これを言ってはダメですね(苦笑)

今日のブログからの教訓

サッカーの審判目線をもって試合観戦を楽しもう!
(マグロちゃん語録)

今朝はそんなお話をお届けしました。

そうそう、コウフ・フィールド株式会社は日本サッカー界の発展に向けてフィールドづくりで貢献します!

サッカーフィールド(ロングパイル人工芝、スポーツターフ)に関することはお任せくださいね!

ではでは。

PS
マグロちゃんの人生論、ビジネス論を自由気ままに発信しています。
このブログを通じて何か一つでも新しい気付きやヒントがあれば・・そうそう、ご縁を頂いてる皆様のお役に立てれば嬉しいですね。

■マグロちゃんの会社WEBにもお立ち寄りくださいネ。
コウフ・フィールド公式ホームページ

そうそう、ブログランキング参加中ですから、ぜひ応援クリックもお願いしますね。

今何位だと思います?
以下の画像をポチッと押すだけで分かりますよ(笑)
↓↓↓

ブログランキング

あっ、ここスルーしようとしたでしょ!
ダメですよ、ちゃんと押して下さいね(笑)

★マグロちゃんのインスタグラム(フォローしてね)
 → http://instagram.com/kajiki_hidetaka/

このブログではコメントの受け付けはしていませんが、フェイスブック・ツイッターへの同時投稿もしておりますので、そちらでご意見だとか激励のメッセージを頂ければ嬉しいです。

★マグロちゃんのツイッター(フォローしてね)
 → https://twitter.com/kajikihidetaka

★マグロちゃんのフェイスブック
 → https://www.facebook.com/hidetaka.kajiki

でも、クレームだとか苦情は・・・・ご勘弁くださいネ、だって凹むから(笑)

Let’s enjoy life.
by Hidetaka Kajiki

(ニックネーム:マグロちゃん)

The following two tabs change content below.
マグロちゃん

マグロちゃん

加治木英隆。1964年4月、鹿児島県生まれ。鹿児島工業高校を卒業後、デンソーでのトヨタ生産方式、タナベ経営での経営コンサルタントを経験。1999年に株式譲渡でコウフ・フィールド株式会社のオーナー経営者となる。読書、映画鑑賞などが趣味。信条は「情熱と挑戦」、「ご縁に感謝」など。「つながり」を大切な価値観として、「良き関係性づくり」をテーマに取り組む毎日。日本ジョーキーボール協会の代表理事も務める。ニックネームはマグロちゃん。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • pinterest
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アクセスランキング
1964年4月18日に誕生したマグロちゃん、本日2019年4月18日をもって55歳となりました。感謝です!

今朝はこんな一枚から。 55歳のマグロちゃん! おはようございます

そのピンチは大ピンチじゃないでしょ!?

今朝はこんな一枚から。 出張先での一枚。 おはようございます。 情

「共感」しても「行動」に至るまでには大きな隔たりがあるんです。

今朝はこんな一枚から。 マグロちゃん in 苫小牧市役所 おはよう

何でもかんでも一人でやって・・そんな会社に成長なんてありません!

今朝はこんな一枚から。 祝!還暦! おはようございます。 情熱と挑

マグロちゃんの不変の思いとは!?

今朝はこんな一枚から。 ミラクルな一枚! おはようございます。 情