*

スティーブ・ジョブズに学ぶ「人生価値」の高め方とは?

公開日: : 最終更新日:2019/07/03 マグロちゃん語録, 才能心理学, コウフ・フィールド

今朝はこんな一枚から。

先日の講演会より

おはようございます。 情熱と挑戦、マグロちゃんこと加治木英隆のブログへようこそ!
ブログにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。ご縁に感謝です。

「Photo by ツブヤッキー」渾身の一枚なんだけど、いかんせん会場内が暗かったこともあって・・ちょっと残念な一枚ですね、苦笑。

そんな先日の講演会で伝えたかったこと、また伝えられなかったことを振り返っておきたいと思います。

では今回のお話しです。

スティーブ・ジョブズに学ぶ「人生価値」の高め方とは?

「違い」を独自の価値に転換しよう!

スティーブ・ジョブズって、もちろんご存知ですよね。

そんな彼の幼少期を辿ってみると・・

彼は生まれてすぐに養子に出されたそうです。つまり、実の両親には育ててもらえなかった、ということなんですね。

そんな彼は、なぜ自分だけ本当の両親がいないのか、そんな「人との違い」がコンプレックスだったと言われています。

また、本当の両親から愛情を注いでもらえなかったからなのか、或いは引き取られた家で自由に過ごせたからなのか、いずれにしても「興味を持ったこと」に没頭していたようです。

1961年、6歳になったジョブズはモンタ・ロマ小学校に入学。幼少時代のジョブズはとても手のかかる子どもだったという。ヘアピンが電気を通すのか確かめるために、ヘアピンをコンセントに差し込んで感電したり、小学校では授業中に花火をしたりするなど、エピソードに事欠かない少年だったという。
(ウィキペディア)

もちろん、本人にインタビューをしたこともないし、彼の心の中にあった本当の思いを記したものを目にしたこともありません。

でも、コンプレックスをバネにしたことは間違いないことでしょうし、興味を持ったことに没頭できた環境こそが、その後の彼の成功に繋がっていることは否定できないと思います。

そう思いませんか?

与えられて環境の中で物事をどう判断し、いかに行動を積み上げていくのか!?

スティーブ・ジョブズは「違い」こそが価値なんだと、そして本当にやりたいこと、なりたい自分を頭の中で描きながら突き進んで行った結果、世の中に「iPhone」という素晴らしいモノを生み出し、また「Apple社」という独自の価値を持った会社を創業することが出来たんだと思います。

つくづく思うこと、それは「価値判断基準」のあり方ですね。

長くて短い人生、訪れる様々な局面において、どのような選択肢を持ち得るのか、その選択肢の中からどのような物差しを当てはめて選ぶのか、そしていかに行動するのか?

その積み重ねが人生における価値を決めるんだと確信します。

今日のブログからの教訓

「違い」を独自の価値に転換しよう!
(マグロちゃん語録)

今朝はそんなメッセージをお届けしました。

明日も続きを書きますね!

ではでは。

PS
マグロちゃんの人生論、ビジネス論を自由気ままに発信しています。
このブログを通じて何か一つでも新しい気付きやヒントがあれば・・そうそう、ご縁を頂いてる皆様のお役に立てれば嬉しいですね。

■マグロちゃんの会社WEBにもお立ち寄りくださいネ。
コウフ・フィールド公式ホームページ

そうそう、ブログランキング参加中ですから、ぜひ応援クリックもお願いしますね。

今何位だと思います?
以下の画像をポチッと押すだけで分かりますよ(笑)
↓↓↓

ブログランキング

あっ、ここスルーしようとしたでしょ!
ダメですよ、ちゃんと押して下さいね(笑)

★マグロちゃんのインスタグラム(フォローしてね)
 → http://instagram.com/kajiki_hidetaka/

このブログではコメントの受け付けはしていませんが、フェイスブック・ツイッターへの同時投稿もしておりますので、そちらでご意見だとか激励のメッセージを頂ければ嬉しいです。

★マグロちゃんのツイッター(フォローしてね)
 → https://twitter.com/kajikihidetaka

★マグロちゃんのフェイスブック
 → https://www.facebook.com/hidetaka.kajiki

でも、クレームだとか苦情は・・・・ご勘弁くださいネ、だって凹むから(笑)

Let’s enjoy life.
by Hidetaka Kajiki

(ニックネーム:マグロちゃん)

The following two tabs change content below.
マグロちゃん

マグロちゃん

加治木英隆。1964年4月、鹿児島県生まれ。鹿児島工業高校を卒業後、デンソーでのトヨタ生産方式、タナベ経営での経営コンサルタントを経験。1999年に株式譲渡でコウフ・フィールド株式会社のオーナー経営者となる。読書、映画鑑賞などが趣味。信条は「情熱と挑戦」、「ご縁に感謝」など。「つながり」を大切な価値観として、「良き関係性づくり」をテーマに取り組む毎日。日本ジョーキーボール協会の代表理事も務める。ニックネームはマグロちゃん。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
アクセスランキング
天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会に思うことは?

今朝はこんな一枚から。 ジョーキーボール! おはようございます。

今年はオリンピック・パラリンピックイヤーだけど、この世界大会からも目が離せませんよ!

今朝はこんな一枚から。 明石港にて! おはようございます。 情熱と

私がライオンズクラブを退会した理由とは!?

今朝はこんな一枚から。 ご縁に感謝! おはようございます。 情熱と

「何歳まで働くつもりか」って、そんな聞き方ないんちゃうの??

今朝はこんな一枚から。 マスク姿! おはようございます。 情熱と挑

新日本プロレスに学ぶ経営のヒントとは?

今朝はこんな一枚から。 愉快な仲間たち(笑) おはようございます。