M-way機によるまき芝工法とは

従来まき芝とM-way機によるまき芝工法の違い…

従来のまき芝工法では、人力により地表に撒いた芝苗を、浅く耕転して表土と攪拌する方法が行なわれてきました。しかし、表土と芝苗の比重の違いと芝ランナーの反発性等によって浮き上がったり、手撒きによるために乾燥や風に影響されることが多く、これらの方法では、活着の確率が極めて低く、実際に土質によっては施工が不可能な場合もありました。

エムウェイ機によるまき芝工法では、散布機によって均一に散布された芝苗をピッチの密な多重ディスクによって抑えつけ、その上から表土が被覆するというものです。エムウェイ機は、この作業を瞬時に連続する一体化した機構になっているため、乾燥害に強く、長くカットされた芝ランナーも難なく植付けられ、明らかに攪拌方式ではできない良好で均一な仕上がりとなります。また、エムウェイ工法では覆土厚の微調整も可能です。

ゾイシアンのまき芝専用機「エムウェイ」は、機械内部に搭 載された芝苗専用散布ユニットが、芝苗を均一に散布、その後ピッ チの密な多重ディスクによって芝苗を押え、その上から表土を被覆する新開発のまき芝技術です。

芝苗の散布からディスクによる押え込み、表土の被覆までを1工程で行うため、きれいに、より速く、しか も低コストでティフトン芝などを造成することが可能になります。

002

 

M-wayの作業工程

001

風に影響されない

従来工法では、施工時にかなり風の影響を受けるため、ムラになりやすく、強風時の施工は不可能です。エムウェイ工法では、機械内部の散布機によって芝苗を均一にばらまくため、風の影響を全く受けず、均一に確実に芝苗を植え付けることができます。

仕上がりがきれいで速く、均一

従来工法では、施工時にムラが多い(裸地部が多い)ため、仕上がりもムラになりがちです。エムウェイ工法は、芝苗専用散布機により均一に芝苗を散布し、植え付けるため、仕上がりも格段に美しくなります。

施工時の芝苗のロスが少ない

従来工法では、人力による散布後、迅速に耕運機で芝苗を土に混ぜ込まなければ、乾燥による芝の枯死リスクが非常に高いものとなります。また、耕うんの深さにより、バラつきがあるため、表層にある苗以外はほとんどが無駄となってしまいがちです。エムウェイ工法は、芝苗の散布から抑え込み、表土の被覆までを連続して1工程で行なうために、施工時の芝苗乾燥・枯死リスクはほとんどありません。

「エムウェイ工法」はゾイシアンジャパン株式会社の登録商標です。
コウフ・フィールド株式会社はコンサルティングパートナーとして、企画・提案・設計・施工を行っています。

 

The following two tabs change content below.
KOFU企画広報チーム
「コウフさんに提案して欲しい」と指名される企業づくりを目指して日々取り組んでいます。そのために、私たちは「専門スキル×連携力=チーム総合力の発揮」で、お客様目線での価値ある提案を行っております。